業務用冷食・秋の新商品 コンセプトより明確に、時短・簡便に注力

更新情報・今週のヘッドライン

2020年1月第2週号

  • 専門店品質の「極上ヒレかつ」投入 ―― ニチレイフーズ

    箸で切れるほどのやわらかさ
    箸で切れるほどのやわらかさ

     ニチレイフーズは、春の家庭用新商品12品、リニューアル品17品、常温食品1品を3月1日から発売する。「日本の食卓へ、冷凍食品のできること」をスローガンに、2020年春は「家庭ではできない丁寧な下ごしらえ」で料理としての美味しさの本質を追求しながら、『食卓』に目線を合わせた商品をラインアップ。「極上ヒレかつ」など食卓商品のラインナップを強化。更なるマーケットの拡大を促していく。

     〈おかずカテゴリー〉のテーマは「手作りを超える美味しさ」の実現。肉、衣、揚げ全てにこだわる専門店品質の食卓おかず「極上ヒレかつ」を発売する。専門店にならった丁寧な下拵えで、箸で切れるほどやわらかな肉質に仕上げた。こだわりの生パン粉を使用することで、サクッとした食感の良い衣が特長だ。サイズも専門店のヒレかつと同等の大きさの約45g。レンジ調理で手軽に楽しめる。
     チキンの食卓需要での拡大も試みる。「梅しそささみ天」はヘルシー感のあるささみを使用した外食・惣菜でも高い人気の鶏の天ぷら。梅と大葉でさっぱりした味わいに仕上げた。「なんこつ入り鶏つくね」はコリコリとした食感が特長のなんこつ入りの鶏つくね。1つ1つ丁寧に手で形を整えて作ることで、ふっくらやわらかに仕上げた
     〈米飯カテゴリー〉のテーマは、ニーズに合わせた提案による「ターゲットの開拓」。高まる健康志向に対応・不足しがちな栄養素に着目した和のごはん「かつおだし香る 梅ひじきごはん」を上市。健康的なイメージのある梅とひじきを使った、かつおだし香る和風ごはん。彩りにえだ豆を加え、カリカリ梅の食感も楽しめる。
     具材を混ぜ込んだワンハンド個食米飯“まぁるい焼”シリーズには「塩だれ肉めし」が加わった。塩だれ味の焼肉をイメージ。具材に豚肉、青ネギ、ごまを入れ、ワンハンドサイズでこんがり焼き上げた。
     〈お弁当カテゴリー〉にはマンネリを解決する「バラエティー豊かな商品の充実」をテーマに、ベーコンとじゃがいもの王道の組合せ“お弁当にGood!®”「ベーコンポテマヨ焼」、人気のたまごサラダをアレンジした彩りおかず“お弁当にGood!®”「たまごコロッケ」と濃厚な旨みのある八丁みそにこだわった「名古屋みそカツ」の3品を追加。
     〈冷凍野菜カテゴリー〉には。食べきりサイズ「レンジでおいしい!えだまめ(塩味付)」(タイ産)、自然解凍&カット済み「そのまま使える グリーンアスパラ」(中国産)を発売。  「本格炒め炒飯」など主力商品もさらにおいしく改訂した。

2020年1月第2週号 その他の記事

2020年1月第1週号

  • 冷凍食品を自社店舗で展開、内食42兆円市場に挑戦 ―― ロイヤルホールディングス

    ハラル対応弁当4品も販売
    ロイヤルホストの人気メニューを家でも体験できる。ハラル対応弁当4品も販売
    ソースとのからみ具合に注力した冷凍ショートパスタ
    ソースとのからみ具合に注力した冷凍ショートパスタ

     ロイヤルホールディングスは2019年12月24日、家庭でもレストラン品質の味を楽しめるフローズンミールの新ブランド〈ロイヤルデリ〉計25品の本格展開に入った。冷食売場はリーチインケースで作り、テイクアウト需要を掘り起こす。東京・世田谷区の二子玉川ライズにオープンする「GATHERING TABLE PANTRY 二子玉川」(30坪・40席)において、レストランの運営と共に家庭用冷凍食品の販売を開始する。

     フローズンミールは、1人前包装。セントラルキッチンで製造したスープ、ショートパスタ、カレー、ドリア、ハンバーグ、煮込みなどを税込250円~780円の価格帯でラインアップする。湯煎や電子レンジで温めるだけで食べられる料理のほか、甘海老、小イワシ、香味野菜等から作る贅沢な魚介のソースなど、家庭の料理をさらにリッチな味わいに仕上げるメニューも揃える(詳細を本紙に掲載)。

2020年1月第1週号 その他の記事

2019年12月第3週号

  • 19年の国内生産は微増、158万t~160万t見込む ―― (一社)日本冷凍食品協会

    伊藤会長
    伊藤会長

     (一社)日本冷凍食品協会の伊藤滋会長は10日、東京・豊洲のマルハニチロ本社で冷凍食品記者クラブに対して年末会見を開いた。伊藤会長は19年の国内生産量について、「現時点では、前年比100~101%、158~160万t程度になる見込み」と微増となる見通しを示した。家庭用は比較的堅調に推移したものの、業務用は、中食が堅調も、自然災害、増税等が影響した。来年度は冷凍食品100周年、東京五輪パラリンピックを迎えるが、「冷凍食品を広める絶好のチャンスとしたい」とした。

     伊藤会長は冷凍食品業界の動向について、「家庭用は各メーカーが基幹商品のブラッシュアップを進めるとともに、テレビCM、各種イベントの開催など積極的にPR活動を展開したため比較的堅調に推移した。従来のスーパーマーケットに加え、CVS、ドラッグストアなど販売チャネルの多様化も市場拡大に寄与した。業務用は、惣菜などの中食が引き続き好調を維持しているが、外食などが台風や増税の影響などもあり全体としてはやや弱い動きだ」とし、2019年1―12月の国内生産量については、「現段階では前年比100~101%の158万~160万t程度になる見込みだ」と述べ、微増を見込んでいることを明らかにした。
     業界の当面の課題としてはコストアップ問題と人手不足問題を挙げ、コストアップについては「国際原材料では米価の高止まりが続いているほか、主要魚種での価格高騰で安定的な原料確保に支障が出ている。物流では人手不足に加え、ドライバーの働き方改革などが加わり大幅に上昇した。冷凍食品業界でもコスト増に対して一部メーカーで価格改定を行ったが十分に反映しきれなかったようだ」とした(詳細を本紙に掲載)。

2019年12月第3週号 その他の記事

2019年12月第2週号

  • 果実・惣菜が大幅増、海外メニューやパンにも挑戦 ―― イオン

    青木商品部長
    青木商品部長

     イオンリテールの青木郁雄商品企画本部デイリーフーズ商品部長はこのほど本紙取材に応え、2019年の冷凍食品の販売概況、今後の戦略などについて説明した。同社では、2019年、冷凍果実、惣菜などが大幅に伸び、野菜、スナックなども好調に推移した。今後の戦略としては、冷凍パンや海外の味わい深いメニューなど、新たな商品の展開に挑戦してイオンならではの魅力ある売場を構築していく。また、冷凍食品メーカーに対しては、「電子レンジの調理時間短縮」「ヘルシー系商品の拡充」などを求めた。

     イオンの2019年上期の売上は前年並みで推移した。月次では期初と7月に苦戦したものの、下期は売上が伸びており「月を追うごとに売上が良くなっている」(青木部長)という。
     カテゴリー別の売上を見ると、野菜は上期・下期(11月まで)共に動きが良かった。ブロッコリーが好調で、枝豆も前年を上回った。
     冷凍果実は上期2割増、下期は約5割増と大幅な伸びを見せた。大袋商品もよく動き、消費者への浸透が進んでいることから、今後も伸長するカテゴリーだとみて今秋に売場を拡大している。
     パスタは上期が昨年並で推移した。下期はやや売上を落としたものの、新商品を投入などが奏功して直近の11月は売上を伸ばしている。
     具付き麺は上期が前年超えとなり、下期は更に売上を3%程度伸ばしている。ちゃんぽん、シビレ系の調子が良く、素材系のうどんはやや動きが鈍かった。
     米飯類は上期・下期共に前年並みで推移した。炒飯、ピラフのベストプライス商品の販売が好調だった。焼きおにぎりはヘルシー系の商品がよく動いた。
     惣菜は、上期・下期共に2桁の伸びを見せた。餃子、からあげなどが好調だった。
     スナックは上期が前年超えとなり、下期は売上を更に伸ばした。おやつ類、粉もの類などが好調で、中華まん、グラタンなどは動きが鈍かった。
     弁当は、上期・下期共に昨年を割り込んだものの、積極的な新商品の投入などに取り組んだことが奏功して「下期は売上が回復傾向にある」(青木部長)としている(詳細を本紙に掲載)。

2019年12月第2週号 その他の記事

会社所在地

〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町
7番16号
黒田ビル2階